M & K HOLDINGS INC. v. SAMSUNG ELECTRONICS CO., LTD.事件

M & K HOLDINGS INC. v. SAMSUNG ELECTRONICS CO., LTD.事件、上訴番号2020-1160 (CAFC、2021年2月1日)。Moore裁判官、Bryson裁判官、Chen裁判官による審理。PTABの決定を不服としての上訴。(§102に基づく刊行物  –  公共アクセスの可能性)

背景:

Samsung社は、当事者系レビュー(inter partes review)の請願書にて、M&K社の特許のクレームは、WD4-v3、Park、およびZhouとして知られる1件以上の文献に基づき特許取得不能であると主張した。Samsung社の請願書にて依拠された3件の文献はすべて、高効率ビデオコーディングの業界基準を確立するためのビデオコーディングに関する共同研究チーム(JCT-VC)として知られる共同特別専門委員会(joint task force)の作業と併せて作成された。JCT-VCは四半期ごとに会議を開催し、テクノロジー企業、大学、その他のメンバーが、業界基準の変更を提案する(ParkおよびZhou等のような)入力ドキュメントを提出して議論する。

当事者系レビューの際、M&K社は、3件の文献のそれぞれが公共アクセス可能でないため、35 U.S.C. §102に基づく刊行物とならないと主張した。PTABはこれに同意せず、該クレームがこれらの文献に基づき特許取得不能であるとした。上訴にて、M&K社は、入力ドキュメントであるParkおよびZhouの公共アクセスの可能性についてのみ異議を唱えた。

争点/判決:

PTABが、Park文献およびZhou文献は公共アクセス可能であるとしたことは誤りであったか。(日本語でご覧いただけます)

Megan Doughtyによる要約

連邦巡回による他の判決については、連邦巡回ケースの概要のページをご覧ください。