Practice Summary – 業務の概要

当所の特許出願審査関連業務は、クライアントの皆様のご要望に応じて向上し続けています。Oliff PLCの多数のパートナーは、特許商標庁において特許弁護士として登録しており、広範囲にわたる特許出願審査関連業務の経験を持っています。また、パートナーおよびアソシエート弁護士の多くは、過去に特許審査官としてその任務を果たしました。訴訟やライセンス関連業務から得た経験と知識をもとに、全出願審査関連業務において、取得する特許や登録の価値と権利行使性を最大限に引き出します。

当所の特許業務は、複雑な通信ハードウェア·ソフトウェアから遺伝子組み換えによる動物まで、自動車および航空機用ジェットエンジンの部品やシステムから繊維化学や織物組織まで、スキー板から半導体まで、発明全般に至ります。弁護士のプロフィールで詳細に説明されていますように、当所の弁護士および弁理士は、豊富な技術教育と産業界の経験を持ち、それを特許出願審査関連業務に活用しています。

商標業務は、高度な業務用製品やコンピュータソフトウェアから消費財まで、ウェブサイトのデザインや事業者団体業務からレストランやスーパーまで、ほぼ全分類の幅広い商品やサービスをカバーします。また、デザインや商品の形状標章のような非単語的標章について包括的な経験を持っており、類似標章のファミリーもしくは企業ラインや製品ラインの標章の保護にも豊かな知識を有しています。

同様に著作権業務においても、コンピュータソフトウェア、マイクロコード、マスクワーク、ユーザーインターフェース、マルチメディア、データベース、インターネット等を含み、全種形態のコンピュータ関連技術の専門的知識を必要とする分野を広範囲に取り扱っています。