Archives for 2月 2015

IPRにおける特許無効を唱えたPTABの決定を支持する連邦巡回による判決

2月4日、連邦巡回は、当事者系検討(IPR)における特許無効を唱えた特許審判部(PTAB)の決定を支持する判決を出しました。本判決は、裁判官の間で2つに意見が分かれていました。本判決は、IPRの手続きにおける最終決定からの上訴での連邦巡回による最初の判決です。連邦巡回は、特許クレームが自明のため先行技術に基づき無効であるというPTABの決定を支持したのみならず、 (i) PTABによる最も幅の広い理屈に適ったクレーム解釈の基準(broadest reasonable interpretation standard)の使用はIPRの手続きにおいて適切であると確認し、また(ii) 有効性に関する最終決定の後でも、連邦巡回はIPR開始の決定を見直す権限に欠けるとしました。