特許発行後の業務に携わるグループ

当事務所設立以来、USPTOにおける何百件もの行政審判と同様に、査定系再審査と当事者系再審査を含む特許発行後の案件において種々のクライアントの皆様の代理人を勤めてまいりました。当所では、これらの案件における非常に豊富な経験と広範囲に亙る訴訟における経験を生かし、米国発明法(AIA)に基づき当事者系検討の手続きと特許発行後の検討の手続きを効果的にお取り扱いする準備が整っています。これまでに、業務に非常に精通している弁護士が、全ての技術的な局面からこれらの特許発行後の案件をお取り扱いさせて頂きました。また、今後も、特許審判控訴部(Patent Trial and Appeal Board)における審判の成功を収めるため、お取り扱いさせて頂く準備と、最善かつ最も適切な方法でクライアントの皆様に助言をさせて頂く準備が整っています。当所でお取り扱いさせて頂く全ての案件において、長年に亙り所内で尊重されている迅速かつ費用効率が高く、質の高い業務を行うという「3つの重要なポイント」に基づき、クライアントの皆様に最善の結果をもたらすことを確実にします。

次のリンクをクリックされますと、AIA に基づく特許発行後の手続きに関する追加情報をご覧いただけます:

追加情報をご希望の場合、特許発行後の業務に携わるグループのパートナーまでご連絡ください:

 

Jesse O. Collier
パートナー

 

Aaron L. Webb
パートナー

 

Pete T. Ewald
パートナー

 

Chris W. Brown
パートナー

 

R. Brian Drozd
パートナー

 

Mario A. Costantino
パートナー

     

 

John A. Radi
パートナー